ぼんやり日記

34歳のわたしが日々の出来事、思った事などを垂れ流すブログです。

目は口程に物を言う

最近、ブログ更新の間隔が少し空いてしまっておりました。わたしがブログを更新するときは小一時間くらいかけてしまうので家にゆっくりいる日じゃないと難しく、出掛ける予定が続くとなかなか時間を確保出来ず、書きたい事があっても書けない日々が続いておりました。

先日、遂に35歳の誕生日を迎えました。はてなブログのグループ(ブログが属するカテゴリ的なもの)も「アラサー」グループから退会しました。

誕生日1週間前、誕生日当日、誕生日1週間後に会った友達それぞれから立て続けに誕生日プレゼントを頂きとてもありがたかったです。また、twitterにもお祝いのリプライやファボもいただきました。

35歳になっても取り巻く環境はあまり変わらず。悪い事も起きていないと思えば非常に恵まれているのかなとも思いますが。

35歳になったわたしは相変わらずバカ真面目で、マナーとか良識を重んじすぎて自分でも頭の固い奴だと思います。

わたしは男女問わずチャラい人・貞操観念の緩い人が苦手なので、付き合っていない間柄の人と軽率に関係を持ってしまう人(最後までしたとかしてないとか関係なく)の事は正直軽蔑した目で見てしまっています。そしてこれは女性に多いのですが、自分にも多少の欲があってついて行ったのに正式に彼女にして貰えなかったら落ち込んでしまうところが同じ女性だけど共感できません。しかし、実際はそのぐらい軽やかな人の方が異性には選ばれやすいと思います。これも男女問わず。

身持ちが固い事は良い事だと信じて疑わなかったのですが、この年齢にもなると「色気の無いおもろない女」だと思われる事の方が多いと感じる時があります。

雰囲気だけはやや軽やかに、でも実際は身持ちが固いって感じが一番ちょうど良いかもしれませんね。

いずれにせよ、35歳にもなって「真面目」としか言われないのはあまり良い意味では無いと捉えています。それ以外の言葉で形容してもらえるような魅力ある人にならなければと思います。

 

ちょっとだけ話を戻します。苦手なタイプであるチャラそうな人とお友達になる事はあり得ないのですが、飲み会等で同席する事は時折あって、そういう時は精一杯愛想良く振舞ってその場だけは何とか乗り切っていたつもりでした。

もしかしたらわたしの勘違いかもしれませんが、先日行ってきた飲み会で2人の男性がわたしの事をヒソヒソ話していたような気がするんです(悪い意味で)。華やかな業界で働いている人でちょっとギラギラしてる雰囲気でどちらかと言うと苦手ではあったけど、それでもヒソヒソ話されてたら悪い意味で気になってしまいました。ただ、自分の言動を思い返してみると、愛想良く振舞えていなかった気もしてきて、苦手なタイプの人を相手にしていたから受け答えもピシャっと一言で完結するような事しか言っていなかったと思うし、それ以上に目が東野幸治さんよろしく、ガラス玉みたいな目つきだったような気がします。おまけに見た目も可愛らしいキラキラOLって感じでもない。そりゃ「あいつおもろない女やな…」とヒソヒソ言われても仕方ないか、と思うに至りました。

 

口には出していなくても「わたしはあなたの事が苦手です」と目が訴えていたかもしれませんし、実は今に始まった事では無かったのかもしれません。

今迄散々婚活パーティーや街コンへ通ってきましたが、そういう目つきを無自覚にしていたかもしれません。 

もう一つ思い出した。アポで2人きりで会った人には一度も触れられていません。ありがちな「冷え性か否か」トークをした事が何度もあるしそんな雰囲気になりそうになって、「触んなよ」て目つきはしました。これは自覚あります。

一方、好きな人に対してだと「わたしなんかが好きになっても良いのかな?」みたいな自信の無さがやっぱり目つきに現れていたのかもしれない。

ちなみに女性同士の場では比較的誰とでも仲良くできるので、街コンで女友達作って帰ってきたりするのは、「仲良くなりたいな~(^^)」という目つきをしていたからだろう。(補足だけど、人は美人だと近寄りがたいと感じるので、近寄っていきやすい顔立ちという事も起因していると思われる。)

 

「眼球おしゃべりクソ野郎」なのは改善しないといけないかもしれない。

婚活していない時のわたし

婚活の話ばかりが続いてしまいましたが、ここはあくまでも日記メインのブログです。婚活ブログとして運営しているわけではありません。

今日は婚活していない時の事をギュッとまとめてみました。

 

先日、人生で初めての人間ドックを受診してきました。初めての胃カメラに日和ってしまいましたが、看護師さんには「上手にできましたね。」って褒めてもらいました。そのほか、採血したり、肺の検査で息を思いっきり吸ったり吐いたり、マンモグラフィーや子宮頸がん検診も受けて丸一日体のあちこちを調べ尽くされて終わる頃にはもうグッタリ。最後に検査のフィードバックを受けるのですが、特に異常なしで一安心です。ちなみに164㎝49.2㎏(絶食時)。

f:id:bonyari380:20190601214735j:plain

病院で頂いたお昼ご飯。胃カメラや採血の為、朝ごはん抜きだったのでめちゃくちゃ美味しく感じました。

会社に対して思うところは色々あって、一難去ってまた一難の繰り返しで12年働いてきたわけですが、人間ドックを受けさせてくれる会社なのはありがたいと思わないといけないですね。

そんな会社ですが、前年度の優秀社員賞に選ばれて金一封を貰いました。トップは最優秀賞なので一番ではありませんし、優秀賞は複数名選ばれている内の1名なのでめっちゃ凄いって訳では無いのですが、それでも職場の方々がおめでとうって声を掛けてくれましたし、ポロっとツイートしたらフォロワーさんもおめでとうって言ってくれるのでとても嬉しかったですし、わたしを評価して優秀賞に推薦してくれた上司に感謝しています。

2018年度と言えば、6月の誕生日の時期がすごくきつかった。失恋が乗り越えられなくて辛かった事(今思えば、この後もう1回同じ人にフラれた方がしんどかったけど)と、仕事の負担が非常に大きかった事が重なり、誕生日当日は1人で泣きながら過ごした事をよく覚えています。恋愛は全然うまくいっていないのが現状ですが、仕事に関しては去年頑張って努力してきた事が報われたような気がしています。金一封も大した額では無いのですが、手にした金品よりも認められた事実が嬉しかったのかも。

 

今期は今期で早速業務多忙で大変でしたが、合間で週末に友達とハイキングに行って自然に触れて心身共に癒されました。

f:id:bonyari380:20190601223242j:plain

真ん中の奥の方、ぐぐぐっと寄ってみたらあべのハルカスが見えます。

すごく楽しかったので、またどこかハイキングへ行きたいなぁと思いました。アウトドアサークルみたいなやつに混ぜてもらって行ってきたのですが、初対面の人と所謂アポ的な会話をする必要が無い事が久しぶりだったので、とても心が軽く居心地が良かったです。こうして楽しい事だけを選んで生きていけたら楽だろうし病まずに済むだろうなぁと思う一方、それは逃げだと思ったりもします。

どちらを選ぶにしても、健康でなければ行動出来ませんから、冒頭の人間ドックは本当に大事だと思いました。胃カメラは苦手だけど、面倒臭がらず定期的に受診しなければなりませんね。

今風邪気味だけど、それも早く治さないとね。体調管理こそ自分磨きです。

合コンあるある早く言いたい

風邪を引いてしまいました。

6月最初の週末は出掛けず家でゆっくり過ごす事にしました。4月中頃から何かに脅迫されるように街コン・婚活パーティーに通い倒していたのも異常だったし、以前出会った人と鉢合わせする事も続いていましたし、このタイミングで一回休むべきだったかもしれません。

 

先週は友達が声を掛けてくれた合コンがあったのですが、待ち合わせ場所に向かう途中の梅田のど真ん中で、前回のブログに登場した人(4月の街コンで知り合って、好きな人以来久しぶりに良いなって思ったけど何事も無くて、5月の婚活パーティーで鉢合わせした人)とバッタリ出くわしました。さすがに笑ってしまった。

ちなみに合コンは楽しかったけど、次に繋がる感じではありませんでした。女性側にも初対面の人がいたのですが、彼女たちとも仲良く出来て良かったです。

あと、後日発覚したのですが、この合コン、男性幹事が会費を多く請求していた模様です。女性4000円、男性5000円と一見傾斜つけてくれているようなのですが、後で友達が食べログでコース料金見たら4000円でした。女性は定価で請求されただけなので良いのですが、男性は1000円余分に払わされています。

男性4人×1000円=4000円お小遣いゲット??

男性陣は気付いているのだろうか…?気付いていたとしても1000円如きでごちゃごちゃ言えなくて黙っていてくれたのでは…?そんな飲み会、楽しいか…?

とか色々考えてとてもモヤモヤしてしまいました。

この話をtwitterに投稿したところ、同じような経験があるというリプライを頂きました。

どうやらこの手の幹事はあるある話のようです。

飲み会の最中は愛想良くてみんなに話題を振ったりも出来る人で、恋愛に発展する事は無さそうだけど男友達として仲良くできそうだなって思っていただけにとても残念です。

「おれ、友達集めて飲むん好きやし、また飲み会しよな!」って言ってくれて、大事な人脈ではあるものの、同じ事されたら嫌なので、飲み会の誘いには乗らないでおこうかな、と思っています。もしくは、飲み会誘われたら「お店のセッティングはわたしがやります!!!」と言って小遣い稼ぎを全力で阻止するか。いや、そこまでせなあかんか…?

そういう事がありましたという日記でございます。

本人は出会いの場を提供してあげて面倒な幹事役をこなしているからこれくらい貰っても良いだろうって思っているのかもしれませんが、わたしは友達相手にそんな事絶対出来ないし、その発想が信じられない。

越えていけ

 婚活惨敗の情けない話をします。

(「なさばな~~!」って言うノリを知ってる人は今後減っていくんだろうな)

 

4月下旬くらいから矢鱈めったら街コンか婚活パーティーに行き倒してきましたが、全然うまくいきません。

良いなって思った人からは総スカンで、短いインターバルで行ったせいで過去の街コン等で既に出会った人と鉢合わせする事が頻発しています。

鉢合わせ案件が続いたので、普段利用しない業者で且つ普段行かないエリアの婚活パーティーに昨日行ってきたのですが、ここまでしてもまた鉢合わせしてしまいました。

よりによって先月の街コンで知り合った、好きな人以来久しぶりに良いなって思えたけど、LINEの返信が来なくて泣く泣く諦めた人でした。

向こうも覚えていてくれました。この場へ来るという事は先月の街コンは成果が得られなかったという事でしょう。「真剣に探してるんですけどねぇ、なかなかうまくいかないすわ」と言うてはりました。どうやらわたしじゃアカンみたいですね。昨日も他の女性とカップリングしてはりました。

一方わたしは誰ともカップリングしなくてトボトボ帰りました。わたしがカップリング希望したのは、鉢合わせした人とあともう1人よさげな人。15人くらい男性がいてましたが、その2人に人気が集中したのではと思われます。人気者に選ばれる女性はやっぱりわたしではないと思うので、人気者についつい惹かれてしまうわたしは婚活パーティーや街コンではうまくいかないという事にやっと気付きました。

他の13人は全員ダメだったのかというと別にそうではないのですが。もっとじっくり検討する時間があれば良いのですが、良いなって思った人が1人いてたらもう意識がそちらに傾くので他の人の良いところまで見つけられなくて悪くないで終わってしまう。人気が集中していないけど、良いなって思える人がいればベストなんですけど、なかなか難しい。

昨日は鉢合わせしないように初めて利用する主催者の婚活パーティーに参加したのですが(結局鉢合わせした)、こちらのパーティーがなかなか良かったです。きちんと人数揃ってるし、「独身誓約書」を書かせるし(何かあったら証拠として使える)、係の人も感じ良かった。本当はまた参加したいと思ったけど、鉢合わせするから暫く顔出すのは控えようと思います。

 

昨日は帰宅後、WOWOWでやっていた星野源のライブ特番見て凹んだ気持ちを癒しました。

今日はキュウソネコカミ聞いて元気出そうと思っています。

越えていけ

越えていけ

  • provided courtesy of iTunes

てか、先月の街コンの事なんかすっかり忘れられていたのに、何で昨日バッタリ再会するかな~!?それがきっかけでうまくいけば「運命」とか言うんだろうけど、 先月と同じ感じでふわっと終わるなら二度と会わなくて良かったんだけどな!うっかり思い出してまたモヤってしまった。でも、好きな人以来久しぶりに良いなって思った人のツレ(前回の街コンでわたしを気に入ってくれてご飯誘ってくれたけど返事しなかった。)が一緒じゃなかっただけマシか。気まずいもんね。「またお会いしちゃいましたね、今日はおひとりで来たんですか?」って即聞くわたし。

 

運命なんて 後付け

 

懺悔

先日、とあるツイートがいつもよりも多くの方の目に留まったお陰でたくさんコメントをいただく事となり色々と気付けた事があったので整理したいと思います。

 

頂いたコメントその1「知り合った相手に自分の理想を押し付けてはいけない」

アプリや街コン・婚パは共通の知人を介さない出会いなので、本当にシングルなのか、本当に真剣に出会いを求めているのか、等々慎重に見極める必要があります。これは必須です。ただ、わたしはその必須作業に『自分の理想を押し付ける』行為が混在していました。コメントを頂くまで正直気付いていませんでした。

「チャラい人は苦手だけど、大人しすぎるのも嫌」とか、そんな事で足切りしていたら一生誰とも深い仲にはなれないと思うし、自分だって完璧な人間じゃないのに他人に自分にとって完璧な理想形を求めるのはおこがましい。

一度や二度会っただけではなかなか難しいかもしれませんが、他人の性格を自分の理想にあてはめるのではなく、彼はこういう性格だ、というただの事実を受け入れる器がわたしにはありませんでした。反省。

厳しく見極めるべきポイントと理想と違っても受け入れるポイントを混同しないように心がけたいと思いました。それが出来たら、縁のある人なら元々の理想とは違っても「彼の不完全なところも好き」と思えるようになるんじゃないかなと思いました。

 

頂いたコメントその2「わたしの為に何かしてくれた人に感謝し、受け止めて喜ぶ感性を身につける。」

わたしは、自分が好意を抱いていない人から「かわいい」だの「きれい」だの「好き」だの言われても全然喜べませんし表情ひとつ変えません。寧ろ、「あぁ…これ言うてくれてる目の前の人が好きな人だったら良かったのになぁ」とか思ってしまうくらい受け止めようともしません。

その一方で、わたしの為に何かしてくれる事もない好きな人の一挙手一投足にあれやこれや想像して勝手に浮かれたり落ち込んだりしてしまいます。

これが良くない。冷静に考えたら良くないって自分でも分かるのですが、コメントをもらうまで自覚症状無しでしたので、本当に貴重な意見を頂いたと思っています。言い訳すると、モテるタイプでは無いので、たまーに気に入ってくれる人が現れてもアプローチされ慣れていないからどうして良いか分からず受取拒否みたいになってしまうのです。

片思いからの妄想恋愛をしない為に、ストーカー紛いとか明らかにあたおか(見取り図参考)な奴は除外するとして、そうでない普通の人に何かしてもらったらきちんと感謝して受け取るように意識を少し変えてみようと思います。

 

ここ最近、やたら出会いの場に顔出していないと不安で、でも行っても行っても収穫ゼロなので落ち込んでいたのですが、上記2点の自分の悪い癖を治さないと何人会っても同じ事の繰り返しになるだろうし、気付けて良かった。指摘してもらって良かった。

2つのアドバイス両方に通ずる事ですが、事実を直視するって事が大事なのかな。辛い事実もあるけど、幸せな事実を真っ直ぐ受け止められるのも事実を直視出来る人だけですもんね。

小話

このツイートがいつもよりたくさんの人の目に留まったようで、昨日1日でフォロワーが20人も増えました。

ブログのアクセス数は普段と変わっていないのでこちらに流れてきてるわけでは無さそうですが、ブログの方が長くやっててTwitterより詳細に日記のような事を載せていたりするので、場合によっては古い記事については順次削除もしくは非公開設定にするかもしれません。

ブログ更新ツイートは辞めておこうと思います。細々やっていきたいので。身バレも嫌だし、どっかに晒されるのも嫌だしね。

 

最近、婚活パーティーや街コンに行く回数が増えてきたので各会場で以前お会いした事のある人と鉢合わせになる事態が続いてます。

街コンなら「おー!あの時の!また会っちゃいましたね!」と軽いノリでお互い挨拶出来るのですが、婚活パーティーはそういうテンションでは行きづらいかな。知らん顔してます。

で、正規の値段で参加してるのに既に面識のある人が紛れてると、何かちょっと損した気分になってしまいます。わたしは単独参加だけど、鉢合わせした男性は3人グループだったりすると3枠も損したやんって思っちゃう貧乏性です。(どうやらいつも3人で行動している模様…)

まぁそれはお互い様ですね。

寧ろ料金の高い男性の方が損した気分になっちゃいますね。

さっさと相手見つけろよっていう。

お互い様ですね。

 

 

RPG

元号が変わっても彼氏がいない事には変わりは無いし、会社にモヤモヤしてる思いも変わらないし、わたしの日常は相変わらずです。

 

最近、少し前のブログでもちょろっと書いたのですが、出会いの場に顔を出していないと落ち着かないというか不安というか、そんな感覚があります。

昨日は令和初のアポでした。先月の合コンで知り合った人です。良い人です。楽しかったです。ただ1点、些細な事なのですがモヤモヤしてしまうところがありました。「う~ん。」と悩みながら帰宅しました。

 

来週は先月の街コンで知り合った共通の趣味のある人とのアポが決まっています。しかしながら、そのお相手にも若干の不安要素があります。非常に大人しそうな方なのです。3代続く事業を継いでて不動産も持ってて資産に余裕のありそうな感じはするのですが、とにかく大人しそう。街コンの時はツレと一緒だったから話はそこそこ盛り上がったけど、サシでとなると果たして…。真面目なんだろうとは思いますが、相性の問題になると微妙かもしれません。

 

という事で、今朝、新しく街コンだの婚パだの行こうかと探していました。わたし、ちょっとあたおか*1ですよね??気に入らんかったらまた新しい人調達すりゃいいやって感じになってしまっている気がします。

パートナーが欲しくて飲み会とかに出掛けてるのに、飲み会に行く事が目的になっています。「方法」が「目的」にすり替わってしまっています。

 

また、わたしは婚活をするのではなく、失恋から完全復活するための活動をしようと意識を少し変えたという事も以前のブログでお話しましたが、それについても他人からの意見によってまたブレてしまいそうになっています。

具体的には「年齢的に焦らないと本当に手遅れになるよ。そんな悠長な事言ってないで結婚相談所とかで身許がハッキリした人だけと出会うようにした方が良いのでは?」とか「『失恋から完全復活する為』って、いつまで失恋引き摺ってるの?早く忘れなよ、いつまでもそんな事言うのは良くない」等です。

婚活ではなく復活するぞって決めてからは比較的精神が安定していて良かった筈なのですが、こういうアドバイスを受けるとやはり焦ってしまいますし、自分の考えが甘いのでは?と不安になってしまいます。

 

あと、もう一つ言われたのが、「35歳過ぎたら恋愛結婚は無理。」ということ。条件で選んだ方が離婚率も低いって言われました。「恋愛感情は長く続かないし正常な判断もしないから何年か経って離婚してる人もいるでしょう?35歳が結婚を考えるなら条件で選んでさっさと子ども作って子育てに専念すべき」って言われたのがどうもわたしは腹に落ちなくて。

こんな事言うと夢見る夢子ちゃんかもしれませんが、わたしはやっぱり恋愛を経て結婚したいです。異性として好きって思える人と一緒に生活したいし、異性として好きって思える人の子どもしか欲しくないです。

 

わたしの考えは正しい?それともアドバイスの方が正しい?

どういうスタンスで生きていくべきなんだろうか。どこに軸足置いておけば良いんだろうか。

自分が一番機嫌よく過ごせるやり方を選べばよいんだろうけど。

怖いんだよ。

自分が選んだ道にとんでもない敵が現れやしないか、怖いんだよ。

昨日、楽しくカラオケで歌いながら合間でそんな事ばっかり考えていましたよ。

本当は「歌上手いなぁ♡」とか、「狭い部屋案内されちゃった、近いよ~♡」とか思いたいんだけど、全然そういうやつなかった。

歌いたい歌をひたすら歌えたのでそれはそれで良かったです。

RPG

RPG

  • provided courtesy of iTunes

*1:見取り図の漫才より