ぼんやり日記

33歳のわたしが日々の出来事、思った事などを垂れ流すブログです。

自分の性格がこんな場面で足を引っ張るとは。

以前の日記には、こんな夢の同棲生活に思いを馳せるような事書いていたのに。

一転。
いくら大好きでお付き合いしている彼だろうが、他人と共同生活するのは無理だと感じてきた。

そう感じたきっかけは些細な事だった。先週、久しぶりに泊まりに行った時の事。わたしが冷え症なのに対して彼氏がめっちゃ暑がりで、夜通しエアコンを22度ぐらいで稼働させている上に扇風機までつけて寝ている。わたしは寒い寒いと言いながら布団にくるまって扇風機の風が直撃しないように彼の体を防風壁のようにしていた。
熟睡できず、かなり早く目が覚めてしまった。エアコンと寝不足でかなり体がだるかった。
もし、今の彼と結婚したら毎日これか…一緒に暮らすのは無理かも、という思いが頭をよぎる。
友達に聞けば、「うちもそんな感じだよ」と言うので、多分これはカップルあるあるなんだと思う。世の中の女性は、多少は自分の意見を主張しつつ、ある程度の事はきちんと受け入れてあげられる器量があるんだろうけど、わたしにはそれができない。
彼が悪いのでは無く、わたしが悪い。
一緒に住むとなれば、家事やら休日の過ごし方やら、価値観の違う事が山程出てくると思う。それらをひとつずつ解決させていきながら、家族として生活をよりよくする。理想だけど、わたしにそれが出来るかしら…
主張が出来ない。(求められてないのに)我慢ばかりする。不満を溜め込む。
こんなわたしのままだったら、結婚生活なんてうまくいくわけない。
子どもの頃から引っ込み思案でこういう性格してたけど、まさかこんな場面でこの性格に悩まされるとは思ってもみなかった。

とは言っても、そもそも彼とは結婚の『け』の字も出てないので、わたし1人で考えが暴走してる感も否めない。
付き合ってると結婚の事もチラつくんですよ、アラサー女は。

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ