ぼんやり日記

33歳のわたしが日々の出来事、思った事などを垂れ流すブログです。

取り越し苦労乙

昨日は美容院に行ってきました。ご夫婦で営んでいる小さな美容院で長年通っているお店です。

美容院で最初に渡される雑誌は「InRed」や「spring」「MORE」等、年代的に妥当なものが多いのですが、昨日は同じ時間帯に2人ほど他のお客さんもいらっしゃったので、それらは先に渡されており、余ってる雑誌を用意されました。

それが「VERY」でした。30代の若い主婦向けのファッション誌です。

前置きが長くなりましたが、今日は「VERY」を読んでわたしの心が音を立てて折れてしまったという話です。

 

こんな感じの見出しが並んでるわけです

「アクティブ行事にピッタリのカジュアルスタイル」

(アクティブ行事とは多分子どもの運動会とかお芋掘りとかの事だと思う)

「送り迎えにはラフだけど洗練されたファッション」

何かこれ、日々顔を合わすママ友同士ファッションの値踏みしてる事前提みたい…

結婚して主婦になってもこんな事考えなきゃいけないの?

 

さらに特集記事では

「未就学児童を連れて仲良しママ友との旅行スタイル」

え…ママ友と旅行行かなあかんの??仲の良い学生時代の友達がそのまんまママになってその子と旅行とかなら良いけど、一般的なママ友って子どもの幼稚園が同じ者同士で出来るコミュニティでしょ?仲良くなれる自信もないし、30過ぎてまで女同士つるまなアカン?

 

極めつけは

「お受験ラストスパート」

これはまぁ受験させなければ回避出来る話だけど、主婦向けの雑誌ともなればこんな事も載せてるんだね!

 

ダメだ、わたしこんな生活出来ない!

家事が苦手なのは自分でも分かっているけど、今回の事も踏まえて、総合的判断で主婦向いてないわ。

子どももいないし、結婚する予定すらないし、こんな事で今思い悩むのは取り越し苦労でしか無いんだろうけど。

 あー女ってめんどくさいなー!と久々に心の底から思ったのです。

 

で、こんなん見て「あ、独身の方が楽しいのかも」と思っちゃうわけですね

独身OLのすべて/まずりん - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

 

VERYを読み終えて再起不能寸前となったわたしは、一緒に渡されていたカルチャー系雑誌を次に読みました。

「仏教特集」でしたが、こちらの方が読んでて楽しかったです。お釈迦様のお顔を見に奈良の国立博物館に行きたくなりました。奈良の博物館と言うと、どうしても笑い飯の「奈良時代の人々の暮らし」という漫才を思い出してしまいます。

 そうこうしているうちにカットとパーマが終了。2時間弱かかりましたが全然退屈しませんでした。

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ