ぼんやり日記

33歳のわたしが日々の出来事、思った事などを垂れ流すブログです。

彼とわたしのすれ違い

先週末は彼と食事に行って、そのまま彼の家に泊まりました。以前から置きっぱのパジャマがあるので、それを着て就寝。朝起きてだらだらして、2人でゲームして遊んだりテレビ見たり、まただらだらしたり。
来月の旅行の話になったので、「結婚とか考えてない人と旅行に行くのはもう控えたいと思ってる。今まで聞いた事なかったけど、実際どう思ってる?」と彼に聞いてみました。
黙り込んでしまいました。
「まだ無いかw」と軽めに言ってみたら、彼は無言で頷きました。
その時は、それ以上結婚の話はしませんでした。「ガイドブック買う前に言うべき事やのに、ごめんね。」と言いました。
ご飯を彼が作ってくれる事になり、彼は台所へ行きました。その間にわたしは彼の家に置きっぱだったパジャマを自分のカバンに詰め込みました。
わたしが自宅へ帰ったあと、「わたしたち、お互い向いている方向が違うよね。あなたが望む、結婚を考えなくていいお付き合いをしてくれる他の人を探した方がいいんじゃないの。」とメールしました。
彼は驚いている様子でした。一旦落ち着いて冷静になろう、と諭されました。
3日後、話し合いをしたいからいつ会えるか教えて、とわたしの方からメールしました。「忙しいから6月入ってからになりそう。なんとなく予想つくから電話よりメールの方がありがたい」と返って来ました。

わたしはどうすればいいのか分かりません。思ってる事は伝えたい。別れを回避出来れば1番いいんだろうけど、彼はわたしを引き留めてはくれなさそう。言い出しっぺはわたしだから、きっとこのままわたしたちは終わってしまいそうな気がする。

30歳目前だから、いろんな事が頭を過る。何も考えず、ただ彼と一緒にいられたらそれで十分だった最初の頃の気持ちに戻れたらこんなに辛い想いはしなかったのに。
彼が変わってしまったと思うところがあるけれど、わたしも随分変わってしまった。

別れるのは辛い。
でも待つのも辛い。
どちらを選んでも辛い。
どちらかを選ぶ覚悟が無い。