読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやり日記

32歳のわたしが日々の出来事、思った事などを垂れ流すブログです。

ループ&ループ

両親の盆休み最終日、家族で食事に行きました。
わたしは仕事終わってから途中参加。
そこで、彼とはどうや?と聞かれてしまったので、別れた事を報告しました。
案の定、父が気を遣ってよく分からんフォローをしてきたので余計辛かったです(笑)
母は、あんたが別れたい思ったんならもうええんちゃうか、みたいな事言ってました。あと、「既婚者だけは好きにならんといてよ」と忠告してきました。
「わたし愛人気質ゼロやのに…何でそんな事忠告されなあかんねん。お母さんにはわたしの事そんな風に見えるのか…」
と、ちょっともやもやしてしまいました。

でも、まあ、言ってちょっと楽にもなれたし、良かった。

その話の後、今度は両親の店の話になりました。父が、今までそんな事一度も言わなかったのに、急に「将来的には店任せたいねんけど。」と言い出しました。わたしには出来ないよ、とやんわりかわしました。
店の事せなあかんとなると、今勤めている会社を辞めないといけないし、今の仕事は好きじゃないけど、安定を手放す覚悟も無い。
自営業がどれほど大変かよく分かるし、そんなん背負ってる自分と結婚しようと思ってくれる人が将来現れるだろうか、という不安もあるし、わたしの人生どうすればいいんだろうと、また新たな悩み事が浮上してきました。
あと、この話してきた父の様子が、「おもちなら断れないだろう、最終的には首を縦に振ってくれるだろう。」と思っていそうだったのが、正直すごく嫌だった。
いつもそう。
妹は自分の気が乗らない事は本当にやらない子だったから、店の手伝いもほとんどしてこなかったし、わたしが渋々我慢して…っていうパターンばかりだった。

安定を捨て、両親の店をわたしが引き継いで切り盛りして、それに掛かりっきりになって、もしかしたら結婚•出産を諦めなければならないかもしれない。
両親は、ありがとうって言ってくれるかもしれないけど、わたしはそれで幸せだと思える?

この話、彼と別れる前に浮上していたら、きっと彼にも話しただろう。そして、彼なら、きっと面倒だなぁって顔をしただろう。そう思うとやっぱり別れて良かった気もする。悲しいけど。

次から次へと思い悩む事があって、日々しんどいです。早くこのメビウスの輪から脱したいです。


にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

にほんブログ村 OL日記ブログ ぐうたらOLへ