読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやり日記

32歳のわたしが日々の出来事、思った事などを垂れ流すブログです。

親友の結婚報告

東京から帰った次の日は、大学時代からの親友と地元で会いました。

来月に入籍するとの報告がありました。以前から結婚を前提に付き合っていて、互いの親に会わせた話も聞いていましたが、親友のお父様がちょっとぐずってる様子だったのでもう少し先になるかな、と思いきや、とんとん拍子に話が進んだようです。
驚きましたが、あまりにもとんとん拍子過ぎて、正直実感が湧かないです。挙式ももう少し先になるみたいだし、本人も実感湧いていないようです。

 

その親友とは10年来の仲です。互いにいろいろありましたが、それらをほぼ知っている仲です。
特に就職してからの彼女は相当大変な思いを何度もしてきました。自律神経のバランスを崩してしまって休職した事もありました。わたし以上に元彼に放置されて何ヶ月も連絡取れなくて辛い思いをしていた事もありました。

実家から離れたところで一人暮らししていたので、体調は大丈夫かしら、1人自宅で倒れていないかしらと随分心配しましたし、そんな辛そうな彼女を見る度に、「どうか彼女が幸せになりますように。」とわたしは心の底から願っていました。
わたしの願い通り、優しい彼と出会い結婚する事になり彼女に幸せが訪れたはずなのに、結婚の一報を聞いたとき、泣いたり心を揺さぶられたりという感情があんまり湧いてきませんでした。先述した通り、まだ実感が湧かないから?それとも自分の現状が満たされていないから素直に喜べなかったの?

何でこんなに心がざわついてしまうのか、親友を心から祝福出来ない自分が嫌で嫌で、帰宅した後、すごく落ち込んでしまいました。

何で「うおー!」って喜べなかったんだろう、わたしって本当に嫌な女だ。あんなに彼女の幸せを望んでいたはずなのに。

昼間会った時に、マリッジリングの下見に百貨店等ジュエリー店をハシゴしていろいろ見て回ったりもしましたが、何と表現していいか分からない感情にもなって、どれが良いかいろいろ悩んでいる彼女に、「いやいや、幸せな悩みやで。そうやって悩めめるだけ幸せやん。」と卑屈っぽい言葉も言ってしまった事も思い出し、とてもとても自己嫌悪した夜でした。

 

一晩寝て、翌朝はだいぶ冷静になりました。

昨夜は、「親友の結婚」という事実より自分の感情にフォーカスし過ぎたかな、と思うようになりました。

来月には籍を入れるという事でのんびりしてられないし、こっちはこっちでお祝いのプレゼントとアルバムの準備をしようと思い、出掛ける予定のある金曜日にスクラップ用の道具を揃えに行く事にしました。

 

そういうセンス無いんやけど、上手に出来るかなぁ

 

 

にほんブログ村 OL日記ブログ ぐうたらOLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村