読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやり日記

32歳のわたしが日々の出来事、思った事などを垂れ流すブログです。

小須田さん、これはいりません…。

同世代の方ならよくご存知かと思いますが、わたしが中学3年生の頃「笑う犬の生活」がとても流行っていました。

先週、衣替えしながらもう着ないであろう処分する服と今後も着る服とを選別する作業をしていたのですが、処分する方を段ボールに詰めていく動作をしているうちに小須田部長の事を思い出しました。

小須田部長以外にもパタヤビーチとかも好きだったなぁ。

「いい加減、元彼に貰ったプレゼントも処分しないとな。」と思い、なかなか手離せなかった物達も今日やっと手放しました。実は未だにfacebook上ではお友達(互いにほとんど更新しませんが)だったのですが、お友達からも外して、携帯の連絡先もやっと消しました。別れてからは良き友人として新たな関係を築いていけるカップルもいますが、わたしは、友達に戻る事を拒否したので、もっと早い段階で連絡するツールを断ち切るべきだったのですが、そこまでするのに少々時間を掛けてしまいました。

 

前回、前々回と、新しい自分への思いをつらつらと語った割に過去の思い出に縋るように元彼との思い出の品々が手放せず握り込んでしまっていました。元彼への執着だったと思います。

「出来ればあの頃に戻りたい。」という淡い期待を心の奥底に残したまま今まで生きてきました。そりゃ、そんな事考えてたら前にも進めませんし、実際前に進んだような感覚もあまりありません。

 

先週は生憎のお天気でしたが、満月で月蝕の日でした。いらない物を手放すには丁度良い日だそうで、処分決行致しました。

 

思えば、小須田部長も後戻りは一切しませんでした。いらない物は次々捨てて行き(というか泰造に強引に捨てられてただけやけどw)、どんどん過酷な環境へ異動させられ、でも前の部署へ戻りたいとは言ってませんでした。

勿論、お笑い番組なので、そこまで深いメッセージを持っているコントでは無いのでしょうけど、わたしの中でこう解釈する事で折り合いをつけたいと思います。

 

笑う犬の生活 DVD Vol.2 小須田部長全遍歴

笑う犬の生活 DVD Vol.2 小須田部長全遍歴

 

 小須田部長に特化したDVDが出てたなんて!知らなかった!

 

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村