読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやり日記

32歳のわたしが日々の出来事、思った事などを垂れ流すブログです。

性懲りも無くまた婚活パーティーへ行った話

3連休ですね。

持ち帰った仕事等もあるので遠出することもなく、連休は表題の通り婚活パーティーの予定だけです。

なぜまたパーティーへ行こうと思ったのかと言うと、遡る事1週間前。

結局、結婚相談所のお世話係さんを変えて頂く事になりました。新しいお世話係さんと初めて面談した時に言われたのですが、「おもちさんはもうちょっと人の話を聞けるようになった方が良い。話している時の顔がとても可愛らしくて女性っぽさが出ているのに勿体ない。」と指摘されました。

わたしは小さい頃から引っ込み思案でおしゃべりなタイプではありませんが本来は自分の話を聞いて欲しいという思いが強い性格です。けれど、人の話の腰を折ってまで自分の話をしようとは思わないので、話したくても一歩引いて聞き役に回る事が多い為、自分ではどちらかと言うと聞き上手の部類だと思っていました。

しかし、新お世話係さんに言わせると、聞いている時の表情が話している時の表情と比べて反応が薄いので、話し手から見ると「ちゃんと聞いてくれてるかな?」「理解してもらえてるかな?」「興味ないのかな?」と不安になるみたいです。

『傾聴』をもっと心掛けてください、との事でした。

言われてみれば、確かに、興味無い話されている時や疲れている時は正直言って聞いているフリをしている事が多々ありました。前回の異業種交流会の時にも実際にあったのですが、目の前の男性とお話しつつ「話してみたい人がいるけど、めっちゃ女の子群がってて行かれへんな~」って考えてて自分の意識が目の前の男性から外れている時がありました。

 

前置き長くなりましたが、傾聴の練習しようと思ってまた婚活パーティーへ行ったのでした。

だいたいパーティーへ行くと、必ず若干名ごめんなさいな人がいるのですが、練習のつもりでちゃんと話を聴くという事を意識してみました。けれども、さすがに疲れそうなので人数少なめのパーティーを選びました。

「男性36歳~48歳まで、女性29歳~40歳まで」と募集されていましたが、男性は40代の方ばかりで、参加した男性に聞くと女性も30代後半が多くて31歳のわたしが最年少との事でした。どなたがカップリング希望してくれたか分かるシステムでしたが、わたしの聴く力云々よりも年齢で選んで頂いた感が強かったです。

異業種交流会以降、比較的前向きな気持ちでいるので、もう少し年齢の近い方が集まりそうなパーティーを他にも探してまた行って傾聴の練習してみようと思います。及び、普段の生活でも練習しようと思います。

 


にほんブログ村


にほんブログ村