読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやり日記

32歳のわたしが日々の出来事、思った事などを垂れ流すブログです。

闘え!サラリーマン

日記 仕事の話

3連休ですね。金曜の夜から朝方まで友達と遊び、今日は完全に昼夜逆転で夕方まで寝ておりました。たまにはいいよね。

 

先週から今週にかけて仕事でもやもやする事がありました。今はだいぶ自分の中で消化出来てきたので落ち着きましたが、まさに『やってられない!!!』(©ブラマヨ吉田)状態でした。

 

わたしの職場は女性が多く、結婚・出産しても続けられるような産休・育休・時短勤務等を利用している同僚が複数名おります。時短勤務の彼女達は残業出来ないので、繁忙期等で仕事が片付かない時は独身フルタイムのわたしのような職員が残った仕事を引き継いでいます。

最近のわたしは、メインの担当業務以外に時短勤務の同僚がいる別セクションの業務を行ったりもしていて、それは頼まれてやっているのではなくて、あくまで自ら「あの人残業出来ないし、わたしがやってしまわないと。」と思ってやっています。

先週のある日も、いつものように別セクションの業務をしていたら、ちょっとそれがイレギュラーなものであったようで、それを知らずに進めてしまい、後日ミスが発覚しました。そのリカバリーを今週していて結構心身共に疲れました。

わたしのミスなので、当然わたしが悪いし、わたしが怒られます。勿論反省もしました。

ただ、経緯が経緯なだけに「がんばった人間が報われない」という思いも抱いてしまいました。別セクションの仕事が片付いていない事などいくらでも見て見ぬフリは出来たはず。見て見ぬフリしてればこうならなかったんだろうなって思うと、何とも言えぬ感情が湧いてきて悔しくて泣きそうでした。

時短勤務の同僚が手を抜いているわけでは無いですし、お子さんの事もあるから残業出来ないのも仕方がない。

時短勤務は女性が仕事を続けられる環境を整える上で必要な制度だし、それらが整っているわたしの会社は世間から見れば「ホワイト企業」なんだとは思います。

 

結婚して子供のいる同僚に対して嫉妬しているわけではないのですが、職場では独身30代の一般職は使い勝手がよく、ボロ雑巾のように使われているんじゃないかと思ってしまうわたしがいて、でもわたしが手伝わないとゆくゆくは会社のお客さんに迷惑掛かるからやらなきゃいけないのも分かっているし、だから、このもやもやをぶつけるところがなくて『てられな』状態でした。

 

今週の木曜日あたりに事態は収束し、落ち着いて3連休を迎えられそうでホッとした時にちょうど友達に飲みに誘われたので羽を伸ばした次第です。

残りの2日、リフレッシュして、年度末までもうひと頑張りしよう(>_<)

闘え!サラリーマン

闘え!サラリーマン