読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやり日記

32歳のわたしが日々の出来事、思った事などを垂れ流すブログです。

弱い部分を見せられる強さって大事よね

日記

 

先月、わたしは32歳の誕生日を迎えたのですが、誕生日当日に遠方に住む友達がプレゼントを宅配便で送ってくれました。

遠方に嫁いでしまって以来会っていない友達なのですが、わたしは以前から彼女に対してもやもやしてしまう事がありました。

きっかけがこちら。

bonyari380.hatenablog.com

 当時、元カレと別れてまだ3か月とかそこらだったので、まさに凹んでいる真っ最中でした。夜にめそめそ泣いたりカウンセリングに行ったりしてた時期なのですが、ちょうどその頃に友達に頼まれて結婚指輪の下見について行ったのです。

わたしは結婚したいくらい好きだった人と別れたてホヤホヤという状況だったので、正直ついて行くのは精神的に辛かったです。終始、結婚準備にまつわる話題がほとんどで、聞いている間も「わたしにもそういう状況が訪れると思っていたのに…」って思いながら聞く事になりました。

「ごめん、わたしまだ別れた彼の事が吹っ切れてなくて一緒に結婚指輪見たりするのも申し訳ないけど、辛くなりそうなの。ほかのお友達についてきてもらえないかな?」

って一言言えば良かったってとても後悔しています。

言えば分かってくれる友達だから。

それなのにわたしは、3か月経って未だにうじうじしてるって思われるのが嫌っていう謎の見栄を張ってしまいました。

その結果、言えば分かってくれるはずの友達に対して「わたしへの配慮が足りない」って後々思うようになってしまい、以降、何となく友達を避けてしまうようになりました(とは言え、遠方に嫁いだのでそもそも会う機会自体無いのですが)。

見栄を張った事で、自分が嫌な思いをしたし、友達に対して悪い印象を勝手に抱いてしまったし、まるで良い事がありません。

あの時、素直に弱い自分を見せていたら、友達もわたしの気持ちを理解してくれただろうから今頃はもやもやせずに友達と接する事が出来たんじゃないかなっていう後悔があるし(仮に正直に話した際に「え?いつまで元カレの話してんの?早く忘れなよ。わたしの結婚指輪も大事じゃん。」とでも言うような人なら距離を置いても良かったと思う)、プレゼントを贈ってくれてありがたいという気持ちと一方的にもやもやしているという気持ちが複雑に絡み合って、それはもう拗らせ倒しています。

 

それ以降も、入籍のお祝いや出産のお祝い等を贈るタイミングがありましたが、ずっともやもやを隠しています。あの時はこんなに尾を引くと思っていませんでした。のろけたいエピソードもあるだろうしスケジュール的にわたしを誘うのがベストだったのかもしれないし、今だけちょっと我慢してついて行ってあげたらいいや、くらいのノリでした。

友達に嫌な思いをさせられた、とは思ってなくて、我慢する事が自分で自分に辛い思いをさせ、友達に対する感情を変えてしまったのだと思っています。

見栄っ張りと我慢は誰の為にもならないってことが分かりました。

弱い部分を見せられる人程強い人だと思います。

いつか、この胸の内をネタっぽく明かすか、もしくは本当に何事もなかったようにもやもやが晴れるといいなって思っています。

ごめんね。

ずっと誰にも話せなくてブログに吐き出してみました。