ぼんやり日記

33歳のわたしが日々の出来事、思った事などを垂れ流すブログです。

優しい恋の終わり

タイトルでお察し頂けるかと思いますが、好きな人にふられてしまいました。

 

詳細はtwitterに投稿しており、その内容をそっくりそのままこちらに載せるのは身バレの心配もあるので差し控えたいと思います。

ざっくり言うと、好きな人には彼女ではないがいい感じの人がいました。わたしは告白まではしていませんが、2人で会いたいと言いました。わたしの好意に対しては「めっちゃ嬉しい」と言ってくれたけど、わたしと2人で会う事は出来ないと断られてしまいました。

 

妻がいる事すら隠す奴もいるのに、彼女でも無いいい感じの人がいる事をわざわざ言うてくれる人なんてそうそういないと思うのです。どちらとも仲良くするってのが出来ないとの事で、わたしの事を「友達」としてすごく大事に思ってくれていたんだなぁと、好きな人の優しさに触れて、ふられたのにまた好きになってしまいました。

 

ふられたことはすごくショックだし、仕事中も露骨に元気無くすし、毎日泣いてるし、それから、もう少しわたしが早く行動していれば、順番が前後してわたしを選んでくれたかな?なんて不毛な事を考えたり、結構大きなダメージを受けているのですが、一方で、わたしは本当に素敵な人に出会えて素敵な人を好きになれたのは幸せな事だったなぁとも思います。本当は最終的にその人に選んで貰いたかったけど。

そしてもうひとつ。元々はこのタイミングで2人で会いたいとお誘いするつもりではなかったのですが、先週の飲み会の話で登場したMちゃんに影響を受けて勢いのまま誘いました。もし誘っていなかったら、今も尚、好きな人といい感じの女性の存在を知らないまま思いを募らせていただろう。いい感じの女性も彼女に昇格しているかもしれない。それを想像すると本当に怖い。リスクを最小限に抑えられたのは良かった点だと思います。

 

吹っ切れるまで結構時間が掛かりそうですが、3年前元彼と別れた時は独りで感情を処理しようとして拗らせてしまったところがあるので、今回は友達に甘えさせてもらおうと思います。

「失恋した。酒飲みたい」ってLINEしたら、今晩先約の予定の後に会ってくれることになりました。めちゃくちゃありがたい。確か明日か明後日くらいが友達の誕生日なので、美味しい焼き菓子でも買って会って来ようと思います。

 

あと、ふられましたが、わたしの申し入れに対して「嬉しい」と何度も言ってくれて、普段から自己評価低めのわたしですが、少しだけ自分に自信が持てました。次に良いなって思える人に出会えた時に自信を持って接する事が出来るように、スキンケアとかに力を入れていこうと思います(そうでもしないと気が紛れない…)。