ぼんやり日記

34歳のわたしが日々の出来事、思った事などを垂れ流すブログです。

懺悔

先日、とあるツイートがいつもよりも多くの方の目に留まったお陰でたくさんコメントをいただく事となり色々と気付けた事があったので整理したいと思います。

 

頂いたコメントその1「知り合った相手に自分の理想を押し付けてはいけない」

アプリや街コン・婚パは共通の知人を介さない出会いなので、本当にシングルなのか、本当に真剣に出会いを求めているのか、等々慎重に見極める必要があります。これは必須です。ただ、わたしはその必須作業に『自分の理想を押し付ける』行為が混在していました。コメントを頂くまで正直気付いていませんでした。

「チャラい人は苦手だけど、大人しすぎるのも嫌」とか、そんな事で足切りしていたら一生誰とも深い仲にはなれないと思うし、自分だって完璧な人間じゃないのに他人に自分にとって完璧な理想形を求めるのはおこがましい。

一度や二度会っただけではなかなか難しいかもしれませんが、他人の性格を自分の理想にあてはめるのではなく、彼はこういう性格だ、というただの事実を受け入れる器がわたしにはありませんでした。反省。

厳しく見極めるべきポイントと理想と違っても受け入れるポイントを混同しないように心がけたいと思いました。それが出来たら、縁のある人なら元々の理想とは違っても「彼の不完全なところも好き」と思えるようになるんじゃないかなと思いました。

 

頂いたコメントその2「わたしの為に何かしてくれた人に感謝し、受け止めて喜ぶ感性を身につける。」

わたしは、自分が好意を抱いていない人から「かわいい」だの「きれい」だの「好き」だの言われても全然喜べませんし表情ひとつ変えません。寧ろ、「あぁ…これ言うてくれてる目の前の人が好きな人だったら良かったのになぁ」とか思ってしまうくらい受け止めようともしません。

その一方で、わたしの為に何かしてくれる事もない好きな人の一挙手一投足にあれやこれや想像して勝手に浮かれたり落ち込んだりしてしまいます。

これが良くない。冷静に考えたら良くないって自分でも分かるのですが、コメントをもらうまで自覚症状無しでしたので、本当に貴重な意見を頂いたと思っています。言い訳すると、モテるタイプでは無いので、たまーに気に入ってくれる人が現れてもアプローチされ慣れていないからどうして良いか分からず受取拒否みたいになってしまうのです。

片思いからの妄想恋愛をしない為に、ストーカー紛いとか明らかにあたおか(見取り図参考)な奴は除外するとして、そうでない普通の人に何かしてもらったらきちんと感謝して受け取るように意識を少し変えてみようと思います。

 

ここ最近、やたら出会いの場に顔出していないと不安で、でも行っても行っても収穫ゼロなので落ち込んでいたのですが、上記2点の自分の悪い癖を治さないと何人会っても同じ事の繰り返しになるだろうし、気付けて良かった。指摘してもらって良かった。

2つのアドバイス両方に通ずる事ですが、事実を直視するって事が大事なのかな。辛い事実もあるけど、幸せな事実を真っ直ぐ受け止められるのも事実を直視出来る人だけですもんね。