ぼんやり日記

33歳のわたしが日々の出来事、思った事などを垂れ流すブログです。

四月の風

今週のお題「わたしの春うた」

 

エレファントカシマシ『四月の風』がわたしの春うたです。

以前からエレカシは好きでしたが、個人的には社会人になってからグッと身に染みるようになりました。エレカシの曲はちょうど良い距離感でわたしを応援してくれます。この曲もまたしかり、2年前の4月、結構仕事が大変だった時期に通勤途中でずっと聞いていて、「明日もがんばろう」と歌う宮本さんの声を糧に何とか乗り越えられたこともありました。

 

 

夏にふられた好きな人には彼女が出来ていました。

今年も『四月の風』を聞いて何とか乗り越えていきたいと思います。

 

明日もがんばろう

四月の風

四月の風

  • provided courtesy of iTunes

 

恋のち愛、雨のち晴れ

お休みを利用して、スヌーピーミュージアムに行ってきました。

別件で東京へ行く用事がありましたが折角だから他にもどこか行こうと思って、行きの新幹線で探して急遽決めて行ってきたのですが、思っていた以上に可愛くてテンション上がりました。しかもこのミュージアムって期間限定なのですね、知りませんでした。勢いで決めて行ってきましたが本当に行って良かったです。

f:id:bonyari380:20180318161248j:plain

今は『恋って素晴らしい!』をテーマに恋のエピソードの漫画を集め展示しています。

何となく登場人物のキャラとか立ち位置的な事は知っていましたけど、がっつり原作を読むのはほぼ初めてでした。毎回きちんと「オチ」があって、作者も「オチ」をかなり意識しているようで、基本的に彼らの恋は成就しません。それでも一途に想い続けていたりとか、好きな人被ってるけど壊れない女の子2人の友情とか、切ないんだけど、最後のコマでクスッと笑ってしまう落とし方に1人でニヤニヤしていました。

そして登場人物が全員可愛い。

一番最後に3分程の映像作品があって、内容が、それぞれが夜寝る前に好きな人の事を思い浮かべる、みたいなストーリーで、それがすごくほっこりする映像でした。スヌーピーミュージアムは個人的に楽しむだけなら撮影OKですから、わたし病んだらこの映像見て癒されようと思います。(割と真剣なので(笑)は無し)

 

この展示見て思ったのですが、

何か、

すごく恋愛がしたくなった。

それも、条件だのスペックだのそんな事気にせずに自然と惹かれる人と恋愛がしたいと、ミュージアムにいたあの時間だけは思ってしまった。

でもね、この年齢にもなると、まったく振り向いてくれない好きな人をただひたすらに想い続けるとかは出来ないのです。無理なら早く見切りつけて「ハイ次!」と動いて行かないといけないのです。

マッチングアプリもきっかけのひとつだとは思いますが、スマホの画面でカタログのように眺めて見つけたお相手に恋をして愛する心を持つようになる(しかもお互いが)って、何だかすごく難しい気がしてきました。

それで、スヌーピーミュージアムに行って以降、あんなに必死に取り組んでいたマッチングアプリも一旦休憩に入りました。またそのうちシレっと再開すると思いますが、わたしは婚活に注力する時とお休みする時のインターバルがある方が自分に合っているのかなって思っています。休みなくコンスタントにアポをこなしている人って、すごいなぁ、わたしと違って気分にムラが無いんだろうなぁと純粋に思います。

 

4月頭にこの展示は終わってしまいます。どうしよう、もう一回行きたい。多分行かないけど。

 

ちなみに、わたしはルーシーとシュローダーのエピソードが好きです。シュローダーに振り向いて欲しくてピアノを破壊するルーシー(しかも複数回)はさすがにエグいなって思いましたけど笑。

あと、シュローダーみたいな男の人が現実世界でもモテるタイプだと思います笑。

www.snoopymuseum.tokyo

出会いのかけら

お久しぶりです。暫く更新が空いてしまっていました。

2月以降、割としっかり婚活をしていました。マッチングアプリに登録して、数名の男性とコンタクトを取っていました。その内、2名の方とは実際に会ってみました。

また、あまり親しくはないのですが知り合いの男の子から「紹介したい人がいてる」と連絡をいただき、紹介してもらった人とも会いました。

 

アプリの人①

1回食事行って、その後ものんびりメッセージ交換をしていましたが、段々と疎遠になりました。

アプリの人②

1回食事行った後に「またご飯行きましょう」と誘ってくれて、わたしもその時はもう1回会ってみたいと思ったのですが、2回目会った時の会話等の中でちょっと違うかなって思ったところがあり、今後は会うのは控えようと思ったのですが、3回目の食事も誘ってもらって、何て断ろうかとすごく苦慮しました。

紹介の人

知人からは「優しくて仕事も出来るええ人やねんけど、何でか彼女いてへんねん。」と聞いていたのですが、聞いていたとおり、優しそうで真面目そうでエピソードトークとか聞いてても同僚から慕われている感じが伝わりました。でも、恋愛対象としては見れなかったです。その人に「今度行ってみたいお店あるから一緒に行きましょう。」て言ってくれたのですが、面と向かってお断りは流石に出来なくて、「そうですね、機会があればゴニョゴニョ」と適当な相槌をして帰って来てしまいました。

 

婚活していたら、「写真と全然違う人が来た」とか「ヤリモクだった」とか「ねずみ講に勧誘された」とかそういう話もちょこちょこ聞きますが、わたしは幸いそういう人に出くわした事はありません。

「ちょっとこれは…」って思うところ*1はあってもそこまで大騒ぎするような事は無くて、けれども、婚活で出会った人に関しては「これ以上関係を深める事は無さそうだな」と思ったら、スパッとシャットアウトするしか無くて、その時「普通の出会いだったらこのまま友人として仲良く出来たであろう人との関係をぶった切るってなんだかなぁ。」っていうモヤモヤを抱えてしまいました。悪い人では無いと思うから。

気にし過ぎだとは思います。婚活ってこの作業の繰り返しなのかな、と思うと人間関係の構築に関するいろんな感覚が麻痺してしまいそうでちょっと怖さも感じています。

 

まーでも今のわたしは行動するしか無いっていう状況だからめげずに頑張らないと。

そんなわたしにとって友達と会って美味しいご飯を食べるのがすごく良い息抜きになっています。ゴールデンウイークには旅行にも行こうかと話しています。友達も片思い中なので上手くいって欲しい。上手くいったらわたしと遊ぶ回数は減るかもしれないけど、すごく応援している。

春はもうすぐそこ。良い春を迎えたい。

 

出会いのかけら

出会いのかけら

  • provided courtesy of iTunes

 

 

*1:2回目の食事の時に「次は俺ん家で飲もう。」とまだ付き合ってないのに家に誘われたのがちょっと引っ掛かってしまった

やりたいことリスト2018年版

先日、今年1年のやりたいことリストを作成しました。

去年も作成したのですが、達成した項目は2割に留まりました。その大きな理由は、「彼氏が出来た前提のリスト」が100項目中20項目くらいあって、そこが軒並み未達に終わってしまったからです。

bonyari380.hatenablog.com

 

去年の反省を踏まえて作成方法も少し変えました。去年は1月に一気に100項目リストアップしたのですが、1年の間で状況や心情等大きく変わる事もあると思いますので、今年は1月に48項目リストアップし(中途半端な数なのはノートのスペースの関係)、7月に項目を見直して新たに追加する事にしました。

 

今回はやりたいことリストに載せた項目の一部を解説したいと思います。(一部抜粋なので番号が飛んでいます)

 

1.スリムな財布に変える

 既に達成済。カード類がたくさん入る機能的な財布を使っていましたが、そのせいで財布がずんぐりむっくりでした。荷物のスリム化を図っていたので、あえてカードがあまり入らない財布に変えました。自分の掌に収まりやすいサイズ感でとても気に入っています。

3.つみたてNISAを始める

 一括投資は余裕資金があって、場合によっては短期の運用も出来るけど、わたしは敢えて少額で20年間続けられるつみたてNISAで長期で運用したいと思っています。「将来に向けて少しずつ増やしていきたい」というのが根底にあって、わたしが言う「将来」とは、大好きな人と結婚して子どもを授かり、家庭を築くという事。今年つみたてNISAを始めたいと思っているのは、将来を考えられる人と結ばれる事を前提としています。そういう存在が現れないのであればつみたてNISAは始めないでおこうと思っています。「投資」「貯蓄」の項目かと思いきや実は婚活の項目っていう。

5.肌に良い化粧品を使う

 前回の記事に通ずるのですが、合成界面活性剤の入っていない化粧品、肌への負担が極力少ない化粧品を使ってお肌のコンディションを整えたいと思います。

7.体型を現状維持

 体重に関しては10年以上変動がなく、体格も比較的細めですが、かと言って完璧なプロポーションではありません。けれども、モデルじゃあるまいし、体型を完璧にする必要は無いかなと思っています。一般人に完璧なプロポーションは必要無いと痛感する出来事が昨年ありました。なので、現状維持。

14~21.フェス、登山、温泉、南の島、スウェーデンゴットランド島、ライブ、京都、キャンプへ行く

 行きたいところ系の項目。スウェーデンゴットランド島はハネムーンで行きたいって思ってて(絶対じゃないけど)、つまり結婚したい。

22.楽しそうなイベントに積極的に参加

 去年も同じ項目を挙げて、実践出来てすごく良かったと思っているので、今年も引き続き。出会いもあるかもしれないし。

25.きちんと手作り弁当を持参する

 今の部署は社食が無いので、お弁当を持って行っています。コンビニ弁当やカップヌードルに偏らないようにしたい。化粧品に気を付けても食事に気を付けなかったら意味無いからね。

30.年相応のアイテムを持つ

 化粧品や洋服やアクセなど、値段・質・デザイン等が30代に相応しい物を身に着けたいと思っています。わたしは美人では無いけれど、洗練された人でいたいと思っています。

31.清楚・上品な色気を纏う

 胸の谷間をチラッと見せるとかミニスカ履いてみたりとか、そんな陳腐な色気じゃなくて、品は良いけど何か地味っていうのも違って、気品ある色気漂う人になりたいと思っています。

34.大好きな彼氏を作る

 条件だけで選んだ人じゃなくて、自分が心から大好きだと思う人且つ自分を心から大好きだと思ってくれている人と結ばれたいので。

41.自分に対して誠実でいる

 仕事サボったり、人間関係を粗末にしたり、そういう事ってうまくやればバレずに済む事もありますが、自分自身には必ず見られています。自分自身に見られて恥ずかしくない行動を常に心掛けたい。

46.大好きな人と結婚or婚約する

 34番の続きね。

48.相手を思いやり、発言に気をつける

 人の振り見て我が振り直せ。最近、既婚の友達と久しぶりに会ったのですが、婚活中のわたしの様子を見て「おもちちゃんは恵まれてるよ~。一緒にコンパ行ってくれる友達がいるんやろ?周りに独身仲間がいてない子多いでー。」って言われました。勿論、友達の言う通りです。自分でも環境的には寂しくなりにくいし恵まれていると思っています。ただ、「あなたは恵まれている。」と他人が決めつける事について大きな違和感を感じています。「お前が言うな。わたしの何を知っている?」と感じてしまいます。特に、久しぶりに会った友人に言われたら尚更。今回は自分もそう思っていたから自分の中で消化しましたけど、内容が内容なら怒っていたかも。だから、わたしは相手が誰であっても、恵まれた環境にいるように見えても、決してそんな台詞は吐かないでおこうと固く決意しましたし、発言に気を付けたいと思いました。

 

以上です。半年後、見直した時に達成出来ている項目が多かったらええなぁと思います。

 

化粧品見直し記録

最近、使っている化粧品をちょこちょこ変えています。

遡る事1年半前、友達に誘われて通い始めたエステが合成界面活性剤の入っていない化粧品を作っており、エステに通い始めたタイミングで化粧品もそこのエステの物に替え、それで結構お肌がキレイになりました。

ただ、アイテムによっては少々高額な物もありライン一式を継続使用は難しいと思ったので、市販の化粧品で合成界面活性剤が入っていなくてエステの物より安価な物を探し、手持ちの化粧品を少しずつ変えていく作業を最近しておりました。

ひとつひとつの成分ついては正直あまり知識もないし、ガッチガチにオーガニックコスメで固めていくって程では無いので、現在はオーガニックコスメとそうでない物を併用しているという状況です。

わたしがチョイスしたメーカーの良し悪しの話では無く、備忘録的な記事ですので、化粧品自体の評価等は然るべきところでお願いしたいと思います。

 

■KIEHL'S

美容液と乳液を夏頃から使用しています。ダブル洗顔不要のクレンジングオイルも使っていたのですが、洗い上がりがかなり突っ張ってしまったのと肌が粉吹くくらい乾燥してしまったので、クレンジングはやめました。

■LOGONA

ダブル洗顔不要のクレンジングミルクを使用。理由は上記KIEHL'Sの件でクレンジングを見直す必要があった為。こちらは突っ張ったりもなく粉吹いたりもない。ただ、ごっそり落とす!っていう感じでもないので、ミネラルファンデや薄メイク用。あと、ダマスクローズが入ってるので、女性ホルモンに働きかける的な何かがありそうっていう期待。長年彼氏がいないので、ローズの力を借りてせめて少しでも女性らしさが内側から滲みでたらいいなと思って使っています。実際、控え目ですがとても品のあるバラの香りでとても気に入っています。

あと一緒に見つけたアイクリームも使用。こちらはザクロのエキス。ザクロも確か女性ホルモンに似た成分があるって聞いた事があるので、ローズ同様何らかがあれば良いなっていう期待を込めて。

■MiMC

ミネラルカラーリップを使用。口紅とグロスの中間みたいな使い心地でわたしは使いやすい。唇がすぐ皮が剥けてしまうのと、口紅・グロスだと塗って暫くすると乾燥して縦皺が目立ってしまっていたのでそれらを改善したくて。まだ使って1週間くらいですが、乾燥は前ほど気にならなくなったかも。あと、これもザクロエキス入ってる(まだ言う)。

■ETVOS

アイシャドウを使用。オーガニックコスメや自然派コスメ等といった類はカラーバリエーションがあんまりないっていうイメージだったけど、MiMC然り、最近は結構色物も豊富でデパコスと負けず劣らずだと思います。ETVOSのシャドウパレットもきれいなブラウンのグラデーションが出来るので、物足りなさゼロで個人的に結構気に入っています。

 

ここに記載の無いものはエステの商品を使っているか以前使っていたデパコス・プチプラコスメが残っているからそちらを継続使用中って感じです。

あとは日々毎日水飲んでしっかり睡眠取ってりゃ劣化を遅らせれるかなっていうところです。

 

使う化粧品をこれらに変えたことで想定外の良い事がありました。

化粧ポーチがスリム化しました。アイテムの数は変わっていないのに。

デパコスやバラエティショップに売っている化粧品は割とぷくっとしてぽてっとしたデザインが多くて、それはそれで可愛くて好きなのですが、ポーチがすぐパンパンになっていました。上記の化粧品はデザインもシンプルな物が多いので、1点1点シュッとしているので、ポーチが嵩張らないのです。元々荷物多めのタイプだったので、ポーチがスッキリしたのは個人的にすごく嬉しいし、期待していなかったところで良い発見があったので、もうこの時点で使う化粧品変えて良かったって思っています。

 

今のところ肌に合わなかった物もないので、暫くこれで様子見ようと思っています。

 

f:id:bonyari380:20180121153218j:plain

LOGONA。

年が明けて思う事を少々。パート2

【ご案内】新年ですし、ブログのデザインを変えました。スマホで見た時のデザインもちょこっとだけ変えております。

 

前回のブログは恋愛の話メインだったのですが、今日は正月に初詣に行って思った事を。

わたしは2017年迄の3年間厄年で、今年ようやく厄が明けました。それで、初詣に行った時は、2017年を振り返るというよりは3年間を振り返る気持ちの方が大きくて3年間の出来事をたくさん思い出しました。

どこかで「厄年は『役』年って事だよ。」と聞いた事があります。女性の30代前半って結婚や出産をしていれば、配偶者としての役割・母としての役割が新たに増えるし、結婚してなくても、年代的に仕事上でのポストが変わったり役職に就いたりする事もあります。

新しい役を与えられる年って意味だと解釈するならば、わたしはがっつり3年間本当に様々な役を与えられました。3年前、厄年迎えてすぐの2月に初めての転勤を経験し、新しい部署で求められた役割をこなすべく試行錯誤しながらがんばったり、先輩の異動に伴い先輩が担っていた特殊業務を引き継いだり、会社の方針として新しい業務に取り組む事になったり、それはそれは色々ありました。新しい部署が辛すぎて泣きながら通勤していた事もありました。

形式通り厄払いもしましたが、この3年間、神様の力で厄を払えたとはあまり思っていなくて、自分の力で乗り越えてやったっていう気持ちの方が大きいのです。本来なら、厄年が明けるとお礼参りとかもするのかもしれませんが、わたしは「3年間たくさんの役を与えてくれてどうもありがとうございます。わたし全部自分で乗り越えました。」と賽銭入れて報告するに留めました。

 

なんか、今年は特になんですが、神社やお寺でお願い事をするのが段々「ちょっと違うな」て個人的に思うようになり、近年、ご挨拶だけしてお願いはしなくなりました。

願っても叶わないものは叶わない。本当に手に入れたい事は自分の力で何とかするしかない。こういう考え方してると神様に失礼だなって思われるかもしれませんが、わたしは、数メートル離れたところから賽銭箱目掛けて硬貨放り投げてお願い事している人の方が余程神様に失礼だなぁと混雑の中初詣に行って思いました。

そして、そんなわたしがそれでも神様に願い事をするならば、「真面目に誠実に生きている人の努力がきちんと報われる世の中になりますように。」とお願いしたい。 

年が明けて思う事を少々。

最近、こちらの本を買いました。『高僧野々村』のコンビはリアルタイムでは見ていなかったので、『修士の嫁』として見る機会が多く、面白くて綺麗で以前から好きでした。

 

強く生きていくために あなたに伝えたいこと

強く生きていくために あなたに伝えたいこと

 

 はじめは20代前半くらいの子が読むべきものかな、と思っていたのですが、『年齢問わず楽しんで読めます。』という内容のレビューと、下記の目次を見て購入に至りました。


f:id:bonyari380:20180103162822j:image

 

昨年の失恋で、失意のドン底だった時『1番好きな人では無く、2番目に好きな人と結婚した方がいいよ。』とアドバイスされたのですが、それがすごくモヤモヤしてしまっておりました。

アドバイスしてくれた人の意図としては、女性側(わたし)の方が好きな気持ちが大きいと結婚生活で様々な我慢をする場面が多くなるが、男性側の方が好きな気持ちが大きいと、女性(わたし)の意見や主張が通りやすかったり家事等を手伝ってくれたりするから、そっちの方が我慢を強いられないし幸せになれるとの事で、わたしの事を思ってご意見してくれた訳です。

ご厚意はありがたいのですが、『わたしは大好きな人と一緒になれないのか…』と愕然としてしまいました。

失恋してから何度か飲み会に行ったりマッチングサイトで知り合った人に会ってみて、わたしが好きになり過ぎない人を探そうと試みたのですが、何か虚しくなってしまいました。

だから、『大好きな人と結婚しなさい』って言ってくれる人が現れたのが嬉しいというか有り難いというかホッとしたというか。

 

好きな人の事は今もやっぱり思い出すし多分まだ好きです。引き摺るのは年内まで、と思っていたのですが、人間ですから日付が変わったらキッパリ忘れられるようなプログラミングにはなっておりません。それはしょうがないし想定もしていました。初詣に行く途中、好きな人と最後に別れた駅を通り掛かった時に半年前の事を思い出しました。あの時、まさかこれが永遠の別れになるなんて思ってもみなかったなぁ…と。

 

けれども、さすがにずっと足踏みは良くないので、そろそろ前を向いて歩んでいかないとって思っています。

2018年、強く生きていけますように。