ぼんやり日記

33歳のわたしが日々の出来事、思った事などを垂れ流すブログです。

古今to新古今

世の中は かくこそありけれ 

吹く風の 目に見ぬ人も 恋しかりけり

紀貫之

 

訳すと、「世の中とはこういうものですね。吹く風のように姿を見ない人にも恋してしまいます。」って感じだそうです。

姿を見ない人=会ったことの無い人って事だそうですが、もう会えない人って捉えると何かちょっとしっくりきちゃうな~なんて思いました。

 

先週、酷く落ち込んでしまったので、友達にご飯付き合ってもらったり、東京まで足を運んで好きなアーティストのライブを見に行ったりして少し元気を取り戻しました。

友達は「おもちちゃんなら絶対大丈夫!おもちちゃんは絶対幸せになれるよ。」って励ましてくれて、そんな優しい言葉を掛けてくれる友達がいて嬉しいなぁとしみじみ感じ、わたしは心が救われる思いでした。

後日また遊んでくれる事にもなったので、ちょっとずつ心のリハビリが出来ればいいかなと思っています。

それから、twitterの方でもフォロワーさんに励ましてもらっています。ありがたや…。その中でも、「出会いの為に(コンパやパーティーなど)行きたくない場所でもがんばって行かなきゃいけないのはしんどいですよね。」って一言を下さった方がいて、「そう!本当にそう!!」って思ったのと同時にわたしの気持ちをお察し頂いた事がとても嬉しかったです。

婚活をせずに結婚した友人・知人にこのニュアンスってなかなか伝わらないものなのです。「いっぱい出会いあって楽しそうやん~!」って言われる事があるのです。「独身だったら行ってみたかったな~」とかね。悪気が無いのは分かるのですが。こういう事言われるともやもやしてしまうのです。

ちょっと話が逸れたので元に戻します。

好きな人の事は今も好きだけど、新しい出会いに向けて動いていかないとねって友達とも話してて、落ち込む時もあるけれど、婚活がんばって、心が折れそうになったら友達と遊んだり好きな事や物に触れ、元気が出てきたらまた前を向く、みたいな感じで進んで行くしか無いなぁと思いました。 単純だけどそれに尽きる。

焦らず自分のペースでがんばろうと思います。 

 

最近、たまたま古今和歌集の歌を目にして、印象深かったので冒頭に載せました。 

レキシの曲も最初のグダグダ喋ってるところがすごく面白くて1人で聞いてよくニヤニヤしてしまいます。レキシはまだ生で見たことが無いので、いつか見てみたいなぁと思っています。 

古今 to 新古今

古今 to 新古今

  • レキシ
  • J-Pop
  • ¥250

 

 

 

September

9月と聞いて真っ先にaikoの『September』を思い出しました。

恋人と別れた女性の歌で、わたしの場合は片思いが叶わなかったので若干状況は違いますが、すごく歌詞に共感してしまいます。その中でも「雲は晴れない わたしの真上」とか「いつも元気だなんて 決して思ったりしないでね」辺りの一節は本当につい最近言葉通りの感情を抱いていました。

 

twitterの方で散々だったのですが、今週は感情の不安定の波が押し寄せてきて、ふられて1か月以上経つのに全然吹っ切れなくて、悲しくて悔しくて辛くて、生きるのがしんどすぎてがんばれなくなっていました。

今は落ち着いたのですが、暫くはこういう事が定期的に続くのかなと思っています。大きめの地震の後の余震みたいなもんですかね。

30過ぎて片思いがうまくいかなかっただけでギャーギャー騒ぎやがって…って恋愛経験豊富な人や比較的ポジティブな性格の人は思っている事でしょう。自分でも思っています。もっとドライにスマートに物事に対処出来れば良いのになって思う事はたくさんあります。でも、そんな自分をダメな奴だと決めつけたり悲しい感情に蓋をしたり無理して明るく振舞ったりする必要も無いのだと、自分を甘やかしています。しょうがない、こんな人格なんやもん。

ただ、どんな性格であれ前に進んでいかなければならないのは間違いない事で、けれども時には自分の力だけでは前に進めない場合もあるので、友達に弱音を吐いたり、ライブへ行って音楽に助けて貰ったりしようと計画中です。

その為に予定外の費用(ライブ会場が遠方なので)が掛かってきます。わたしの場合、失恋すると出費が嵩むのです。 今思いついたけど、恋愛がうまく行っている時の方が安定して貯蓄出来ているようです。経済情勢に応じて株価や為替の値動きがあるのと同様に恋愛絡みで良い事があったり残念な事があったりで貯蓄額が増えたり減ったり。

上手い事言ったような言ってないような。 

兎にも角にも、弱り果てたわたしを見捨てず、食事に付き合ってくれる友達に感謝。

ありがとう。わたしは本当に友達に恵まれている。

September

September

月に負け犬

 8月も後半、皆様いかがお過ごしでしょうか。わたしは、夏の予定は既に何も無く週末は抜け殻のように過ごしています。

家で惰性の時間を過ごしているうちに、「何かしなきゃ」と突然の焦燥感に駆られ、勢いのまま婚活サイトに登録していました。会員登録が済んだ後に気づいたのですが、去年の今頃も、ロッキンが終わった後の虚無感から婚活サイト(今年とはまた別のサイト)に登録しており、去年と同じことしてて進歩のない自分に嫌気がさしました。ちなみに、去年は婚活サイトに登録した直後に好きな人に出会った為、サイトで知り合った人と会うまでに至る事なく退会しました。

今年、登録した婚活サイトでもマッチングした人はいますが、やはりまだ失恋が癒えず、これ以上異性を探そうという気になれないので早々に退会しようと考えています。何がしたかったんや、わたし。

調子が戻らないうちは無理に相手を探す事は控えようかな、と思います。

未だにふられた好きな人の事を思い出してしまいます。お恥ずかしながら。

好きな人はわたしに、「気持ちは嬉しいけど、今ちょっと仲良くしてる人がおるからおもちちゃんと2人で遊ぶんは難しいねん。」と言いました。付き合う以前に2人で遊ぶ事すら出来なかったという目の前の事実に打ちのめされてショックだったのですが、すごく誠実な対応をしてくれたと思っていますし、時間を経て今思うのは、遊ばれる女性より、遊ばれない女性(わたし)の方が大切にしてもらっているというケースもあるのかなと感じるようになりました。完全な負け犬の遠吠えですが。

男性からのお誘いがちょいちょい多い女性が一般的にモテるとされていて、声を掛けてもらう為にはスキを見せなきゃいけないとか、ある程度色気が無いといけないとか、よく聞きます。それで親密になって本命彼女になれば良いけれど、なれなかった場合、それって本当にモテると言えるのかな?誘われる数は少ないけど、「遊び半分でこの子に近づくのはあかんな」と思われる女性の方が魅力的なのかもと思ったりもするのです。

もう一度言いますが、これは負け犬の遠吠えですので、生暖かい目でスルーしてください。ふられたわたしが虚勢を張ってるだけです。本当はただただわたしが圏外の女だっただけという可能性もありますし。

 

ふられた時の話に戻しますが、好きな人はとてもわたしに気を遣ってくれて、友達として大事にしてくれたと思っています。2人で遊ぶ事が難しいと言われただけなのに、わたしは「それじゃぁこれからも友達としてまたみんなで遊ぼね」等と言ったさわやかな一言が言えませんでした。そして、ひっそりと飲み仲間のグループから距離を置くようになってしまいました。あんなに楽しかったはずの飲み会の思い出は、今となっては思い出せば辛くなってしまうという悲しい現象。

きちんとした別れの挨拶が出来ていないまま、もう会えない状態になってしまったのが、余計に尾を引いている原因なのかもしれないと思いました。

本当は逢いたい。でももう逢えない。

思い出して辛くなって、遠吠えするくらいしか出来る事が無い。

月に負け犬

月に負け犬

 

CHARM

f:id:bonyari380:20170813182427j:plain

1週間の夏休みをいただき、ROCK IN JAPAN FESへ行ってまいりました。定番の撮影スポットにて。

f:id:bonyari380:20170813183010j:plain

朝一番のWANIMAを見にグラスステージへ。モッシュに巻き込まれないよう下手側の前方で参加。

f:id:bonyari380:20170813183021j:plain

こちらも定番オブジェ。

 

わたしは、ロッキンの直前に失恋してしまいました。フェスの空気がその悲しみを吹っ飛ばしてくれるかな?と思っていましたが、フェス参戦した体感としては、悲しみに暮れているわたしを優しく包んでくれる感じでした。ロックだけど。

流行りのサチモス、大好きなエレカシ、踊って憂さ晴らしできるキュウソ、などなど見たかったアーティストを一通り見る事が出来ました。

 

ロッキン後、夏休み中に京都へ1泊旅行もしました。女一人傷心旅行のつもりでしたが、ブログとツイッターで仲良くさせてもらっている方とお会い出来る機会を設けていただき、晩ごはんをご一緒しました(お名前出して良いか分からなかったので伏せています)。フォロワーさんに実際にお会いするのは今回が初めてだったのですが、オンラインではなかなか話せない内容もたくさん聞いていただき、とても楽しい時間が過ごせました。

縁結びのお守りまでいただき、本当に嬉しかったです。

休暇中、いろんな人に会えたので良い気分転換になりました。

 

しかし、まあまあ本気で好きになってしまっていたので、失恋の件は簡単に忘れられるはずもなく、未だに思い出して落ち込んだりしています。なかなか吹っ切れないので自己嫌悪に陥ってしまう事もあります。

それでも「どうせわたしなんて」とか「何でわたしだけ上手くいかないの?」とか卑屈になってしまう事だけは避けようと思っています。失恋してきれいになる人とならない人の差はそこだと思うのです。

卑屈モードになってしまいそうになったら気を紛らわせられる音楽を聴いたりお笑いを見たりするようにしています。

 

わたしにとっては大好きな音楽やお笑いもお守りのようなものなのです。

どうか、わたしの想いがきちんと成仏しますように。そして、新たな恋愛が出来ますように。

 

CHARM

CHARM

  • WANIMA
  • ロック
  • ¥250

生きています。

好きな人にふられて3年振りの恋愛は叶いませんでしたが、少しずつ気持ちが安定してきました。1人で週末を過ごすのはさすがに寂しいので同期や好きな人を紹介してくれた男友達などなど、会ってくれる人を捕まえて話を聞いてもらっていた為、週末はずっと出掛けっぱなしでブログの更新が出来ておりませんでした。

「おもちちゃんの一大事やから行くわ!」

「そういう時は誰かに話した方がええよ。いつでも聞くから。」

みんなが優しい言葉を言ってくれて本当に救われました。

また、Twitterのフォロワーさんからもたくさん励ましのお言葉を頂き、ありがたかったです。

 

そして今週末は待ちに待ったROCK IN JAPAN FES。踊って歌って発散出来たら、と思っています。ちょっとお天気が怪しいのですが、雨でザーッと失恋の傷を洗い流すのも悪くないかなと思っています。

 

それでは、取り急ぎ生存確認でした。

 

優しい恋の終わり

タイトルでお察し頂けるかと思いますが、好きな人にふられてしまいました。

 

詳細はtwitterに投稿しており、その内容をそっくりそのままこちらに載せるのは身バレの心配もあるので差し控えたいと思います。

ざっくり言うと、好きな人には彼女ではないがいい感じの人がいました。わたしは告白まではしていませんが、2人で会いたいと言いました。わたしの好意に対しては「めっちゃ嬉しい」と言ってくれたけど、わたしと2人で会う事は出来ないと断られてしまいました。

 

妻がいる事すら隠す奴もいるのに、彼女でも無いいい感じの人がいる事をわざわざ言うてくれる人なんてそうそういないと思うのです。どちらとも仲良くするってのが出来ないとの事で、わたしの事を「友達」としてすごく大事に思ってくれていたんだなぁと、好きな人の優しさに触れて、ふられたのにまた好きになってしまいました。

 

ふられたことはすごくショックだし、仕事中も露骨に元気無くすし、毎日泣いてるし、それから、もう少しわたしが早く行動していれば、順番が前後してわたしを選んでくれたかな?なんて不毛な事を考えたり、結構大きなダメージを受けているのですが、一方で、わたしは本当に素敵な人に出会えて素敵な人を好きになれたのは幸せな事だったなぁとも思います。本当は最終的にその人に選んで貰いたかったけど。

そしてもうひとつ。元々はこのタイミングで2人で会いたいとお誘いするつもりではなかったのですが、先週の飲み会の話で登場したMちゃんに影響を受けて勢いのまま誘いました。もし誘っていなかったら、今も尚、好きな人といい感じの女性の存在を知らないまま思いを募らせていただろう。いい感じの女性も彼女に昇格しているかもしれない。それを想像すると本当に怖い。リスクを最小限に抑えられたのは良かった点だと思います。

 

吹っ切れるまで結構時間が掛かりそうですが、3年前元彼と別れた時は独りで感情を処理しようとして拗らせてしまったところがあるので、今回は友達に甘えさせてもらおうと思います。

「失恋した。酒飲みたい」ってLINEしたら、今晩先約の予定の後に会ってくれることになりました。めちゃくちゃありがたい。確か明日か明後日くらいが友達の誕生日なので、美味しい焼き菓子でも買って会って来ようと思います。

 

あと、ふられましたが、わたしの申し入れに対して「嬉しい」と何度も言ってくれて、普段から自己評価低めのわたしですが、少しだけ自分に自信が持てました。次に良いなって思える人に出会えた時に自信を持って接する事が出来るように、スキンケアとかに力を入れていこうと思います(そうでもしないと気が紛れない…)。

明日は今日より素晴らしい

ゴールデンウイーク以来の祝日となる3連休、 いかがお過ごしですか。わたしは昨夜結構深酒しまして、今日は自宅で安静にするつもりで何も予定を入れなかったのですが、二日酔いにもなっていないし割と元気なので部屋の掃除をしたり、来月参戦するロッキンに向けて去年のアメトーーク「夏フェス芸人」を見て気持ちを高めたりして過ごしていました。

bonyari380.hatenablog.com

以前、好きな人とは膠着状態にあり、わたしの中で「これはもう打切り案件かな…」と思っている事をブログに載せました。

 

昔から仲の良い男友達や好きな人を含む飲み仲間の輪に入れて貰っている為、定期的に「集まろうぜ」とお誘いを頂きます。だから、好きな人とも会おうと思えばいつでも会えるのですが、会ってしまうと、打切るつもりだったのにまた好きな思いが溢れてしまいそうなので、仲間達が集まる場に顔を出すのも控えようかな、とか考えておりました。

 

そんな折、3連休初日に飲み仲間集合の号令が掛かりました。好きな人が参加する事は把握していましたが1週間前までは不参加のつもりでした。

先週、美容院でたまたま飲み会のお誘いの話題になり、参加を見合わせようと思っているとこぼしたら、「そういうイベント事はちょくちょく顔出してた方がいいんじゃないの?『おもちちゃんは声掛けたらいつも来てくれて楽しんでくれるよね』って好感持って貰えると思うで。」と言っていただき、検討し直す事に。

この3連休何の予定も無いし、好きな人以外にも会いたい友達はいるし、やっぱり行こうかなぁと心変わりして参加を決めました。

 

で、昨日行ってきたわけですが、マジで今年一番楽しかった飲み会でした。不参加にしてたら一生後悔するな、と思う程。美容師さんに次会ったら最大限の感謝をしたい。

 

また、もう一つ、わたしの心を大きく動かす出来事がありました。

飲み仲間メンバーのMちゃん(今回は不参加)の話を参加者の一部がしていました。聞くところによると、仲間内の男の子(わたしの好きな人とは別)に好意を抱いているそうで、それを飲み仲間メンバー男女問わずいろんな人に公言していたそうです。それを聞いたメンバーは、先月の飲み会でさりげなくMちゃんの株を上げる発言を要所要所で挟んでみたり、席順を隣にしてみたりする等して協力体制を取っていたそうです。

「うまくいかないかもしれないけど、当たって砕けろで行こうと思ってるねん。」って言っていた事も聞き、わたしの状況とMちゃんの状況を勝手に重ねてしまい、わたしももうちょっと頑張ってみようかなっていう気持ちになりました。

わたしは今まで、あるコミュニティ内での恋愛は、うまくいかんかった時に拗れて周りに気を遣わせてしまうから、私情を持ち込む事を敬遠する人もいるのでは、と思ってしまっていたのですが、それは大きな勘違いだったようです(飲み仲間メンバーが一致団結して協力してくれているのは、Mちゃんの人柄の良さだからこそというのが大前提ですが)。

昨日は会えなかったけど、Mちゃんに背中を押されたような気持ちになりました。Mちゃんの話が聞けて良かった。わたしも出来うる限りMちゃんに協力したいし、自分自身の思いにも正面から向き合って後悔のないよう行動していこうと思いました。

 

昨日の飲み会では好きな人とは程々にお話出来ました。相変わらず優しい人柄が滲み出ていて、そして相変わらず面白くて、「あ~やっぱり好きやなー」って思いました。 

 

来月のロッキンに向けて桑田佳祐のソロ曲をウォークマンで復習しているのですが、「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」という曲の「いまはどんなにやるせなくても 明日は今日より素晴らしい」という歌詞がすごく身に沁みました。土曜日は本当に素晴らしい一日でしたが、ただ何もせずに素晴らしい明日がやってくるとは限らないので、自分で明日を素晴らしい日にしないとあかんなぁとしみじみ思う3連休でした。まだ終わってないけど。