ぼんやり日記

33歳のわたしが日々の出来事、思った事などを垂れ流すブログです。

芸人の人生とわたしの人生

先週のM-1グランプリ、応援していたとろサーモンが優勝してとても嬉しいです。

最後の3組とも本当に面白かったし、決勝に残ったコンビそれぞれがM-1に懸ける思いもすごく伝わったし、彼らに心から敬意を表します。

わたしはとろサーモンがコンビ組んですぐの頃から知っていて、麒麟笑い飯・千鳥の後に続くだろうって思っていたのですが、東京移籍してからなかなか日の目を見ず、地下芸人みたいなポジションに収まってしまって、ゴールデン向きでないダーティなネタもそれはそれで面白かったんだけど、きっと本意ではないだろうなぁと思っておりました。

だから、とろサーモンがあんな煌びやかなセットでゴールデンタイムに漫才をしているという事実だけで、こみ上げてくるものがありました。あれは鳥肌立ったなぁ。

優勝が決まった時、村田さんが「売れないまま終わるんかなって思ってた…」と言っていたのがとても印象的でした。

あるコラムでは「実力はあるのに運をつかみ損ねてきた」と書かれていて、ちょっとだけ最近の自分と重ねて見ているところもありました。(彼らの15年と最近のわたしを重ねて見るなんておこがましい話なんですけどね。)

最近真剣に「わたし、(婚活に関して)上手くいかないまま人生終わるんかな。」って思っておりました。「運やタイミングが悪いところとか、これはもう神に見放されたんかな」とか考えていたり。

そんな事を悶々と考えていた時期に行われたM-1で、とろサーモンに審査員の票が4つ入っていく様子を見て、「わたしの代わりに夢叶えはったわ。」と勝手ながら思いました。今年中に自分の夢が叶う事は無さそうだけど、その代わりにとろサーモンが悲願の優勝を果たした事が自分の事のように嬉しかったです。これからは今までとは違う意味で大変な思いをする事が出てくると思いますが、今後の活躍を楽しみにしています。

 

優勝は逃したけど、和牛のストイックに漫才と向き合ってきた姿はほぼアスリートのメンタルやなって思いました。去年のM-1が終わって、今年のM-1が終わるまでの1年間2人揃って高いモチベーションを維持するって大変だったと思います。優勝できなかったけど、その姿勢がかっこよかった。きっと来年以降もっと売れてテレビでも引っ張りだこになると思いますが、どれだけ売れてもM-1のタイトルは欲しいだろうなぁ。ジャルジャル福徳くんの「『M-1優勝』するなんて、人生イカつ過ぎるでしょ。」 っていうその一言に尽きる。

 

わたし自身はイカつい人生なんて求めていないけど、叶えたい些細な夢や希望はまだいくつかあって、今は1人でもがいてるけど、いつか報われる日が来ると良いな。

その時まで、辛い時は我慢せず40分泣いて8時間ぐっすり眠ろうと思います。

M-1に全力を注いだすべての漫才師さん、お疲れ様でした!あなた方がいるから、辛くて泣きたくて仕方が無い時でも漫才見て乗り越えられた夜がありました。ありがとうございます。

 

涙

  • provided courtesy of iTunes

 ダイノジが出てるPVがまたええんよね。

ぶっ生き返す

ここ数ヶ月、ロクなブログ書いてなくて我ながらもやもやしています。

3年前、元彼と別れた時も大層落ち込みましたが、当時のブログを読み返すと恋愛とは関係の無い日々の出来事を記録していたりしていたのに対して、今はまるで普段の日記が書けなくなってしまいました。症状は3年前より酷いような。失恋の事で頭がいっぱいになってしまったのは、好きな人の事が好きすぎてっていうよりかは、焦りと不安と恐怖と失望が自分の中で大きくなり過ぎたせいだと思います。

「このままではいけない」という意識もあり、沸々と沸き上がってくるネガティブな感情を抑え込もうとするのですが、処理しきれなくてどかーんと暴発してしまいます。

7月の下旬にふられてしまったのですが、あれから今日までわたしはクソみたいな生き方をしていたな、とか思ってしまいます。負の感情で溢れる自分が嫌になって仕方が無いのです。パソコンの前に座って思いつくままキーボードを打ってもこんな事しか書けないのです。完全にバグったとしか言い表せない。

1日でも早くフラットな状態に戻れるようにもがくしかないのかなって思って、これらの感情を成仏させつつ早く生き返りたいなっていう願いを込めて、ホルモン。

ぶっ生き返す

ぶっ生き返す

 

 

今日は楽しみにしていたM-1ブランプリの日なので、敗者復活戦20組+決勝9組⁺最終決戦3組の4分ネタ =2時間ちょっとは笑って過ごしたいと思います。

何年も前から応援していた「とろサーモン」も出るし。

乾燥する季節

突然ですが、わたし身も心も乾いています。

心の乾きは失恋が起因しているもので、身の乾きは気候のせい。

お風呂上がりのケアを入念にしているつもりですが、空気の乾燥に追いつかない感じです。化粧品だけでは太刀打ちできないと思い、以前通っていたエステの美容ドリンクや甘酒を飲んで体の中からも何とかしようと思っています。甘酒は苦手な方なので、バナナをミキサーで砕いてミックスジュースっぽくして飲んでいます。

食事は割と肉も魚も野菜も満遍なく食べているので大丈夫だと思うので、引き続きバランス良く。後は水分補給をしっかりしないと。夏と比べるとやはり水を飲む量が減ってしまっているのでこまめに飲むように今一度改めたい。

彼氏も出来ないうえに肌まで劣化したらもう終わっている。せめて見た目だけでも最低限今の状態以上を死守しなければ。

 

先日、仲の良い男友達と飲んできました。好きな人の話になって、「ふられて結構経つけど、今どんな感じ?」って聞かれたので「まだ好きだよ」って言ったら「いい大人なんだから早よ忘れなさい!」とご指摘いただきました。本当そうだよね。

自ら動いて街コンや婚活パーティーに行くのも億劫で行動出来ていない事を伝えると「いやいや、行動あるのみやし!しんどくても頑張って探して新しい人見つけるしか無いやろ!」と言われました。

「辛いよね、無理しなくていいよ。」って言ってくれる人も優しいけど、こうして耳の痛い事を真っ直ぐ指摘してくれる人も優しいと思いました。

「あいつが心変わりして振り向いてくれる事はまず無いよ。」とも言われました。わたしもそれは分かっているんだけど、心のずっとずっと奥の方で僅かな期待を持ってしまっている自分がいて、何か男友達に見透かされてしまっているようでした。

失恋した後の気の持ちようによっては、失恋しても心に潤いを与える事は出来ると思うけど、自分には今それが出来ていない。恋愛以外の事でもっと心に潤いを与えてあげないといけないと、自分で自分を助けてあげないとって思います。

 

乾燥しているから、涙を流すと目の周りがピリッとしてしまう。

心と体に潤いを早急に。

Your Love

わたしは数年前、KREVA経由で三浦大知を好きになり、その経緯からここ数週間久しぶりにめちゃイケを見ていました。先週の放送の終盤でめちゃイケが3月末で終了となる事が発表されたのはネットでも話題となりましたが、めちゃイケ終了を告げられた時の岡村さんの反応がとても印象的でした。

めちゃイケ終了の話題の前に、今回の企画(三浦大知のバックダンサー)の感想を聞かれた岡村さんは、自己採点でほぼ100点(うろ覚え)と語っていました。その後、総監督からめちゃイケが終了する事を告げられ、岡村さんは驚いて言葉を失っていたのですが、その後、「ダンスの練習、全力で取り組んできて良かった。全力で取り組まずに今回の企画を終えた状態でめちゃイケが終わる事を知ったら、絶対今後悔していたと思う。今、今回の企画を振り返ってもまったく後悔がない。憑りつかれたように練習していたのはきっと『最後やから今やっとけよ。』って事やったんかなって思う」っていうようなことを語っていました(うろ覚え。ニュアンスはだいたいこんな感じ)。そのコメントがとても印象的で、こういう話って芸人に限ったことでは無いなと思いました。

仕事でも人間関係でも物事はいつ何時どうなるか分からないから、「こんなもんでええやろ」で済ませて後で悔やむ羽目になるのは本当に後味良くないし出来れば避けたいと思います。「すべてにおいてとにかく全力で!」というと時間や体力、お金、等の制限があるのでなかなか難しいですが、無理せず自分がその時出来る範囲で物事に対して誠実に取り組むようにしようってブラックスカルの岡村さんを見て思いました。

 

話は変わりますが、先日、友人と旅行へ行ってきました。全員婚活中で、彼氏がいる人、ペアーズやってる人、失恋中の人(わたし)、それぞれの境遇で積もる話もあり、旅館で語り合っていたらあっという間に午前3時。モーニングの時間までに起床しなければならないのであまり寝れなかったのですが、寝不足も吹っ飛ぶ楽しさでした。深夜の女子会はやっぱり婚活の話が中心でした。

自分の理想のタイプとは違っていてもとにかく会ってみる事にしていると言っていたペアーズユーザーの友達。好きで好きで堪らない人よりも一緒にいて楽な人の方がええよって言う彼氏在りの友達。2人の話を聞いていると、失恋しても好きな人の事が忘れられず身動きが取れなくなってしまっている現状は打破していかないといけないのかな、という気持ちになりました。

そういう気持ちになった、というだけで特別何か行動したわけではございませんが…。

好きな人に対しては、当時のわたしとしては一応出来る限りのアプローチはしたつもりですし、「もっとこういうアプローチの方が良かったかも」という方法論的なところの後悔はあるけど、自分から行動したという点に於いてはがんばって良かったと思うところもあるので、前半の岡村さんの話とちょっと通ずるものがあるのかな、なんて思ってみたりしました。

 

今年も後残り2か月を切りました。少しでも良い精神状態で年を越せるように、気持ちの整理をしていきたいです。いつまでも失恋した事をうじうじ言うのは辞めたいです。そろそろ友達もうんざりするだろうし(苦笑)。でも、好きな人の事は今でも好きだから、飽きるまではひっそり思いを寄せていても良いかなって思っています。キモいでしょうけど。

「一般的な婚活のペース」に無理矢理寄せていく必要は無いと決めました。 

 

Your Love feat.KREVA

Your Love feat.KREVA

 

 「君じゃないなら運命なんて信じない」って歌詞が今のわたしの心と完全に一致しています。

 

エキストラ

自分の人生を歩めるのは自分だけなのだから、誰かの人生に登場する「同僚A」や「友人B」として目立たずに風景に溶け込むように生きるのではなく、自分の人生の主人公として、たまに失敗したり落ち込んだりしながらも自分中心で物語を進めていけば良いのではないか、と最近思います。自分が素敵な物語の主人公でいる為の振舞いはどんなものかと考え行動する事で自ずとハッピーエンドを引き寄せられる気がします。

「悲劇のヒロイン」が主人公の悲しい物語もあるけれど、わたしはやっぱりそんな人生は歩みたくない。

 

重ね重ね言いますが、自分は自分の人生の唯一の主人公です。某巨大掲示板で婚活ブログを晒したり、他人のTwitterの発言に逐一ケチつけたり、そういう事してる人って、生きていく上で、自分が軸じゃなくて他人が軸になってしまっているんじゃないかなって思うのです。四六時中って事はさすがに無いと思うけど、赤の他人に費やす時間が多いという印象を受けます。自分の人生の限られた時間を消費してまでブログやtwitter張り込んで考えてあげないといけないような相手なのか?という話です。

(身内や友人やオンライン上で仲良くしてるブロガーさん・フォロワーさんに対して「あの子、大丈夫かな?」なんて心配したり考えたりする事はまったく別だけど。)

 

あ、別にわたしがブログ晒されたわけでもないし、クソリプに辟易しているわけでもないし、わたしのSNSは至って平和です。

 

わたし自身、もっと自分らしく自分の人生を堂々と歩んでいきたいなぁっと思っていたところに、婚活界隈のブログやtwitterの件で少々思うところがあったので、こんな事を書いてみました。

自分の人生の主人公として歩みつつ、大事な人の人生の助演として歩めたらもっと幸せだろうなぁとか思います。上手い事言ってみたつもりです。

エキストラ

エキストラ

  • OKAMOTO'S
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

YUMEGIWA LAST BOY

未だに好きな人が夢に出てきます。楽しく喋ってる夢だったのですが、実際会ったら以前のように笑って話し掛ける事が出来ない気がします。何か勝手に気まずくなってしまいそう。ま、会う予定無いんですけどね。

 

自分のこの先の人生どうなるんだろうって不安に思う日が定期的に訪れます。これから先、好きになれる人が現れるのかなぁって。単純計算で、元彼と別れてから好きな人に出会うまで2年かかっているので、次に好きな人に出会えるのも2年後だとしたらわたしはもう35歳になっている。それでは少し時間が掛かり過ぎではないか、と青褪めてしまいました。その2年間、周りのみんなは家庭を持ったり、家族が増えたり、どんどん進んで行くのにわたしは足踏み状態が続くのかと思うと2年はしんどすぎるなぁって思ったり、2年以上かかったり、2年後同じような失恋をしてしまったりすると、さすがに立ち直れないのでは、と不安通り越して恐怖を感じていました。

 

好きな人は今頃どうしているのかなぁってくだらない事を考えて切なくなったりもしています。本当は好きな人の事もさっぱり忘れたいし、わざわざ思い出してこんな辛い思いをする必要など無い事も頭では分かっているのですが、要らぬ妄想をしてしまいます。

失恋しても、きちんと前を向いて歩ける人間の方が魅力的なのも分かっています。本当はそういう女性になりたいのですが、ウジウジグダグダ落ち込んでいて、せっかくエステや小顔矯正やら通ってんのにわたしときたら全然美しくないのです。

 

もし、好きな人とバッタリ再会する事があったら、「惜しい事したな。」って思われるくらい美しくありたいのですが、今の精神状態だとそうは思って貰えそうにありません。

変わりたいのに変われない。葛藤している。

叶わなかった夢をいつまでも見ているのは如何なものかと自分自身に呆れています。

 

YUMEGIWA LAST BOY

YUMEGIWA LAST BOY

 

2017年度上期振り返り

 半年経過したので、期初に立てた目標の進捗状況確認です。

bonyari380.hatenablog.com

 

1.結婚前提の彼氏を作る

未達。好きな人にふられてしまったので、進捗状況はゼロの状態です。最重要項目ではありますが、今はダメージからの回復を最優先しています。元気がないと恋愛もできない(なんか猪木っぽい)。元気になって良い恋愛をしたいものです。

 

2.貯金ペースUP

全然ダメ。ボーナス貯蓄分を先月使ってしまいました。失恋の辛さを紛らわせる為の旅行等で予定外の出費がかなりありました。それがなければ、予定通り貯蓄出来ていたと思われるのですが、旅行のお陰でメンタルの落ち込みを最小限に抑えられた筈なので無駄遣いでは無いと思っています。下期に巻き返していかないといけないと気を引き締めているところです。 

 

3.心に余裕を持つ

失恋する前迄は割と安定していました。失恋してからの情緒不安定は止むを得ないので、失恋前の精神状態を下期も保てればいい感じだと思います。しかし、失恋前は好きな人がいるというウキウキ感で心に余裕があったのかなっていう気もするので、やっぱ良い恋愛がしたいものですね(2回目)

 

4.自分のやりたい仕事に就く

期初、今の仕事について「自分の希望する部署に行きたい」と思っていたのですが、失恋を機に仕事の事がどうでもよくなってしまいました。会社での部署やポジションや待遇等といった事よりもプライベートの先行きに不安を感じていて、仕事に関して完全に無欲になりました。手を抜いて仕事をするという意味では決してありません。仕事に関して無駄な事考えなくて済むからこれはこれで良いのかもしれません。

 

5.「楽しい」と思う事を自ら発信する

ぼちぼち出来ていると思います。友達集めて遊ぶ事も、一人で行きたい場所へ出掛ける事も上期は多かったと思います。

 

下期は上記5項目のうち4はどうでもよくなったし、5も遊びの話なので、1~3(特に1番)を達成できるように日々努力したいです。

とにかく良い恋愛をしたい(3回目)